激激希少18金無垢クッション☆イタリア最大のリテイラーWネームGOBBI/ゴッビ★パテック フィリップ Ref.3525★伝説自動27-460キャリバー ここで購入できた!

  • 2018.07.08 Sunday
  • 08:49

激激希少18金無垢クッション☆イタリア最大のリテイラーWネームGOBBI/ゴッビ★パテック フィリップ Ref.3525★伝説自動27-460キャリバー


パテック フィリップってどうやっても手に入らないですね。

私もさんざん探しまわりましたが、
結局パテック フィリップは、ここのサイトが確実に手に入るみたいです。


と言うか、もうこちらでしか購入できないでしょうね。



激激希少18金無垢クッション☆イタリア最大のリテイラーWネームGOBBI/ゴッビ★パテック フィリップ Ref.3525★伝説自動27-460キャリバー

>>この商品についての詳しい情報はこちら





古代都市として栄えたモデナ公国、エステ家一族の統治下の中、1842年後、後イタリアで最初のパテックフィリップの正規代理店として華開くこととなる。当初からポケットウオッチ、ペンダントウオッチなど、タイムピースを中心に世界有数のリテイラーとしての起源を持つ。1896年には現在、ミラノと言えばゴッビというように1896年より現在の地となるミラノのヴィットーリオエマヌレーレ2世通りにその歴史を刻むこととなった。そんなゴッビの名を刻んだゴッビのリテイラー販売ものとなる希少なパテックフィリップはリファレンス”3525”。 パテックフィリップの70年代のビンテージクッションであり、32mm正方となる存在感のあるクッションスタイルは自動巻の中では唯一の存在ともなるモデルであり、シャンパンゴールドの光沢のあるダイアルはそのクッションケースの滑らかな曲線にヘアライン仕上げされたそのケースとハイクオリティーフュージョンとなりパテックフィリップの中でも特別な存在となる。27SC率いる中での1491のような独自の世界を表現した最高の一品でもある。当然、その径からその名となった通り27キャリストーリーは1963年、1956年から続くパテックフィリップの自動巻ストーリーは12-600ATから引き継がれ、1963年の今回の一品に搭載された後期の27-460へと最終章を向かえた。第二期となる1960年からの27-460は12-600ATをベースにした通り、ローターの取り付けネジの痕跡が残っていたが、後期27-460に関しては全くなくなり、18金無垢ローターの大きさも機械外周とほぼ同サイズと大きくなり、より巻き上げ効率をよくなったことも含め、18金無垢ローターの存在感により美しさの上でも最高のいで立ちともなる。そんな600オートの魂を引き継ぐ最終となる”27-460キャリ”の最高の機械を搭載した3525でありGOBBI/ゴッビの希少なWネームというストーリーを奏でる最高の一品である。
★★★ PATEK PHILIPPE ★★★
G O B B I / ゴッビ
18K Solid Gold "CUSHION" Automatic Geneve seal 
18金無垢シャンパンゴールド "ファットクッション"自動巻 スモールセコンド
R e f . 3 5 2 5

>>この商品についての詳しい情報はこちら

スポンサーサイト

  • 2018.07.20 Friday
  • 08:49
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする